長野県 美ヶ原高原でポケモンGOのラルトス コミュニティディを遊んだ

コミケの前に書け。

2019年8月3日に行きました。

ポケモンGOとは疎遠になっていたけど、ラルトス大量発生なら久しぶりにやってみようかと。

恒例(2回目)のコミケ直前に山に行く現象。去年は土合駅→谷川岳ぶらぶらでした
日ごろの運動不足状態から急に過酷な環境に行くとショック死してしまうので、少し運動することで体を慣らしていくのです(?)

ということでどこに行くかだけど、ポケストップがたくさんありそうな場所で高原で涼しい場所の両立ができそうなところを探した結果、長野県の美ヶ原高原へ。

念の為地図。だいたい長野県のど真ん中だよ。

熱中症対策なのかコミュニティデイの実施時間が16-19時なので、それまでは普通に観光。


高原ということで、この画像の右上にある悪の組織の本拠地らしきところまでお散歩。オープンワールドなゲーム感ある写真。



美しの塔みたり、牧場で牛眺めたりしているうちに


歩くこと90分。なんだかわからなかった施設は、長野県全域にテレビやラジオの電波を届ける電波塔だった。ナントカ団が占拠していると思ったのに。

駐車場から山頂までとてもなだらかなお散歩ができるのでおすすめ。もうちょっと天気が良かったら最高だったけど。てんくらの予報がBの時点でわかっちゃいたが。
標高差が100mもないしそれでいて日本百名山の一つをクリアできるのだからゆるゆるな人間に向いている。

肝心のポケモンGO

予め15時には美術館に入り、16時以降おざなりになりそうなアート作品の鑑賞を済ませておく。現代アートわからんけど、なんとなく感覚で受け止めればいいんじゃないでしょうか。

たぶんこれは「ふしぎなはこ」をイメージしたアート作品だと思う(?)

そして16時。美術館は17時閉館なので1時間でケリをつける。

山頂付近にある美ヶ原高原美術館の野外展示物であるアート作品一つ一つがポケストップなので、アイテムやポケモンの沸きも無問題。

だいたいこんな感じポケストップ図。2000mの高原地帯にあるまじき密度。
ゲーム内だと雨降っているけど、実際はギリギリ持ちこたえた。

また、広い上に有料施設なため人混みや交通事故の心配も皆無。
そして標高2000mなので下界と比べ気温が-12度の快適度。真夏でもせいぜい20度前半という涼しさはまさに避暑地長野県にふさわしい。

もちろんラルトスも乱獲。1時間で色違い3匹を始め、個体値高めのやつだったり絶滅させる勢いで捕獲した。ポケストップだらけなのでアイテム不足の心配も全くない。
電波の問題は皆無。普通に繋がります。そもそも観光地なのでそのへんしっかりしているのでしょう。
ちなみに同業者とおもわしきポケモントレーナーらしき人も数人見かけました。

だいたい28000歩ほど歩き、コミケ前の準備運動もバッチリ。ラルトスも捕まえて更にハッピー。
真夏のポケモンゲットは高原地帯おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。