ポケットモンスター シールド プレイ日記 第2回

最初の一般トレーナー戦からワイルドエリアを抜けてエンジンシティ到着まで。
ポケモンの名前を覚えるためにニックネームはつけない方針。

はじめての一般トレーナー戦


ポケモンバトルもファッションセンスも圧勝。とはいえ今までにない短パン小僧にびっくりしちゃう。ガラル地方のトレーナーはおしゃれ指数が高い。

ダイマックス戦!誰だ!このトレーナー!?


ガラル地方のトレーナーはおしゃれ指数が高いって最初は思っていた。このスクショ取るときに思った。そんなことはないぞ。
変なおじさんトレーナーに協力してもらい(一人で挑むと突然出てくるし、たぶん今の自分よりつよい)Lv15~16のポケモンを手に入れたり。手持ちの平均レベルを大きく超えるし、わざレコードという使い切り版わざマシンを持っていたりとかなり強力。ライバルとたかめある

くるくるソニア


髪の毛くるくるいじっているソニアちゃんが可愛い。マグノリアおばあさまと一緒にいるときも、一人でいるときもスキあらばくるくるしている。

ワイルドエリア

結構広いしいろいろなポケモンが天候次第で出たり出なかったりするみたいだ。新ポケモンというよりは今までに見たことあるポケモンがどんどこ出現する。エリアによって出現ポケモンが大きく変わるのでくまなく回りたい。
どれくらい長居するか迷ったけど、次の街が気になるからサクサク進むことに。たぶん居ようと思えば何時間でも探索できると思う。しかし、今のレベルでは十全に満喫できないだろうと、早々に通過してしまった。また来るよ。

モンスターボール投げるスキも無い強そうなイワークLv26が当然のように闊歩してたり、まだまだ探検するには実力が足りていない。ピッピにんぎょうを沢山もらった理由がわかったよね。
でもそのイワークが使ってきたワザがりゅうのいぶきだったから、頑張れば倒せるんじゃないかなって。雨降り状態のカムカメと元気のかけらをうまく使えば。

野生ポケモンも種類によってこっちに向かって走ってくる好戦的なポケモンが居たり、逆に逃げていったりと生態に特徴があるみたい。カメラ寄せて眺めていたいなあ。

キャンプでふれあい


今の手持ちはクスネなどなど小動物系なのでポケじゃらしふりふりも絵になるけど、これはイワークみたいなごついでかいポケモン相手でも有効なのだろうか。もし効果有るならこんな素晴らしいことはない。
それはそうと雨降りの中遊ばせているのはちょっと申し訳ないなと。とくにヒバニーにとっては相性よろしくないだろうし。もっと申し訳なかったのが雨の中カレー作って一緒に食べたこと。雨粒混じりカレーは独特の味わいでまさにソーナンス級だった。ソーナンス級は今後使っていきたい表現。美味しいのかそうでないのか全くわからないので

にどげり


ヒバニーがにどげりを覚えた。たしかに大きな足があるので覚えても全く不思議じゃないが、もしかして、君も炎・格闘タイプになるのか……?
もしそうなればエンブオー以来。ごく最近と思ったけど6,7と2世代挟んでる時の流れはフシギダネ。イケメンに進化するのかな。もうすぐ進化しそうなレベルですし、楽しみだ。

プレイ時間 :02:42
バッジの数 :0個
捕まえた数 :20種
現在の手持ち:画像参照。前回と変化ないように見えるけど、サッチムシはワイルドエリアでダイマックスしたものを新しく捕まえたから2代目だよ。

お金がなくてモンスターボールが買えずにいる。なんで金欠なんだろうなあ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。